能代工高バスケットボール部とは

 1933(昭和8)年に創部されました。1967年(昭和42)年の埼玉国体で初優勝以来、全国高校選抜(春の選抜・ウインターカップ)、 全国高等学校総合体育大会(インターハイ)、国民体育大会を通算して、計58回の全国制覇を成し遂げているバスケットボール名門チームとして、 全国に知られているチームです。

 加藤廣志監督は、平面バスケットボールをテーマに、オールコートのゾーンプレスからの速攻をチームの武器として、全国大会優勝を重ねました。 リバウンドやルーズボールの粘り強さ、泥臭いプレイスタイルのチームカラーは、幾多のバスケットボールファンを引きつけ、一時代を築き上げました。

 引き継がれた加藤三彦監督はスピード&コンビネーションをテーマとしてチームの育成に当たりました。平面バスケットボールを基盤に、速攻と3ポイントシュートを 組み合わせた戦術は能代工高ファンをさらに虜にしました。

伝統は佐藤信長監督、そして栄田直宏監督と引き継がれ、全国大会優勝にむけ日々の練習に取り組んでいます。